CATEGORY しましま亭

妹エロ漫画 クール&ダウナー耳舐メイド

ー収録内容ー

1.夜のご奉仕をさせて頂きます

「あら、こんばんは、ぼっちゃま。夜分遅くに珍しいですね。
どうかされたのですか?」

「眠れないから明かりの付いていた部屋に来てみた、と。なるほど。
私は就寝前の読書を終えて寝ようと思っておりましたが、ぼっちゃまが起きているのなら、お話相手にならせて頂きます」

「ああ、添い寝をご所望だったのですね、かしこまりました。
場所は私のベッドでよろしいですか? では、横になりましょう」

「それにしても、ぼっちゃまがこのような申しつけをされるなんて初めてですが、
私のもとに来たのは本当に寝る為だったのですか?」

「主と従者の関係とはいえ男と女ですから、同じベッドに入るとなれば
何が起きてもおかしくはないと思いまして」

「…少し回りくどかったと思うので言い方を変えましょう」

「夜のご奉仕を期待されているのですよね?
したことはありませんが、ご満足いただけるように尽力いたします」

「無理などしておりませんよ。私はぼっちゃまにお仕えしてから、
いつかこういう日が来ると思っておりましたので、心の準備は出来ています」

「例えばこうやって…れろっ、じゅるるぅ…ご奉仕するのを考えておりました」

(導入、 耳舐めパート…17分24秒)

2.あたしもご奉仕していいですかぁ?

「あ、やっぱりご主人様だー。お姉ちゃんの部屋から話し声が聞こえてくるから
いると思ったんですよね~」

「ん? 何しに来たのかって? あたしの部屋、隣なので二人で楽しそうなことしてるの
聞こえてきちゃってぇ、混ざりたくなっちゃったんですよぉ」

「ベッドではぁはぁしてますけど、お姉ちゃんと何してたんですかぁ?
ふーん、耳を舐めて貰ってたんですね」

「あ、ホントだー。こっち側の耳が唾液でベトベトになっちゃってる♪
すっごいいっぱいペロペロしたんですね~♪」

「だったらあたしは~、こっち側をやっちゃおっかな~。あたしも耳舐めやっていいですよね?
たっぷり気持ちよくしますから。ね?」

「まー、お姉ちゃんとしたんですからぁ、ダメって言ってもやりますけど♪
それじゃ、いただきまーす…♪」

(耳舐めパート…17分46秒)

3.両側からお舐め致します

クレア「ぼっちゃま。お体は大丈夫ですか? 立て続けでのご奉仕でしたので
お疲れでしたら休憩なさって下さい」

マリカ「もし体力的に大丈夫だったら~、折角ですし三人で続きやりませんかー?」

クレア「マリカ、急に何を言っているの」

マリカ「ご主人様の耳が二つあって、あたしたちもちょうど二人いるんだからー
両側から挟んでペロペロしたら、もっと気持ちよくなれそうだと思ってぇ」

クレア「ぼっちゃま、マリカがああ言っておりますが、どうされますか?」

マリカ「ほら、やりたいってさ~。そりゃそうだよねぇ、片耳であんなに良かったんだから
両耳でしたらもっとおかしくなれそうですもんね~」

クレア「お隣、失礼いたします」

マリカ「お邪魔しま~す」

マリカ「えへへ~、メイド姉妹のエロエロサンドイッチだ~」

クレア「確かに、これだけ近いと二人の呼吸が聞こえてきて…いやらしい気分になるわね…」

マリカ「ご主人様の心臓がドキドキ鳴ってるのもぉ、聞こえてきちゃってるね~」

クレア「複数人の方が、ぼっちゃまの興奮も大きくなるようですね」

マリカ「二人で同時にイジめてあげますからぁ…思い存分、楽しんで下さいね~」

(耳舐めパート…16分24秒)

4.勃起ちんぽフェラしちゃいますね~

マリカ「次は何しよーか迷うけどぉ…ご主人様イキすぎて疲れちゃってる感だね~」

クレア「では、ぼっちゃまはそのまま寝た状態でいて下さい。
ペニスに付着した精液をお掃除いたしますので」

マリカ「じゃあ、あたしはふき取る用のティッシュを持って…って、わっ♪
やっば♪ お掃除って口でするんだぁ♪ お姉ちゃんエロすぎ~」

クレア「はぁ…んじゅぅ、じゅるる…んじゅ、んじゅ、んじゅる、んじゅる、じゅるるる、じゅるるるる…!」

クレア「ごく…ごく…ごく…ごっくん! ぷはぁ…ぼっちゃま。
お出しになった濃厚で美味しい精子…全て飲ませて頂きました」

マリカ「あー…いいな~、お姉ちゃん。あたしもご主人様の精子飲んでみたかったのにぃ
全部飲んじゃったんだぁ。ずる~い」

クレア「ぼっちゃま、いかがいたしますか? マリカがああ言っておりますが」

マリカ「え? あたしもフェラしていいんですかぁ? やった~♪
疲れててもぉ、ちんぽは欲張りなんですね~」

(フェラパート…13分48秒)

5.今度はあたしを気持ちよくしてくださぁい♪

マリカ「ちんぽもまだ元気残ってそうですしぃ、とりあえずおまんこに挿れちゃいましょっかぁ」

マリカ「いきますよ~…あっ、あっ、あっ、あぁぅ…セックス…こんな感じなんだぁ…
あん、んぁ、んぅ、んんっ…意外と痛くないかもぉ」

クレア「パンパンと音を立てながら…出たり入ってりしてますね…
見ているだけで…いやらしい気分になってきます」

マリカ「んんっ、あっ、あっ、あぁん…お腹の中に…んっ、んっ、んぅ、んぅ
熱くて硬いのが…や、あん、ん、んぁぁん…ズンズンって来るぅぅ」

マリカ「あっ、あっ、あっ、あぁぅ…自分でするのと…んぁ、ふぁ、あぁっ…
全然違って…んっ、んっ、んっ、んんっ…刺激強いぃぃ」

クレア「ぼっちゃま…顔がとろけていて、とても気持ちよさそうです…
マリカの中に包まれて…感じていらっしゃるのですね」

マリカ「や、あっ、あっ、あん…ご主人様ぁ…んぁ、ん、んっ、んんぅ
あたしのおまんこで…あ、ん、んぁ、あぁん…感じてるのぉ?」

マリカ「んんっ、あっ、あぁん、んっ、んっ、んっ、んんぅ…そうなんだぁ…キツキツできもちいんだぁ」

マリカ「んっ、あっ、あっ、くぁ、んんぅ…ご主人様だったら…あっ、ん、んぁ、んぁぁ
いくらでもおまんこ…ん、あ、くぅ…んんんっ…使っていいからぁ」

マリカ「気に入ってくれたんだったら…あっ、ん、んっ…あん、あぁん…いつでも誘って下さいねぇ」

(セックスパート…14分12秒)

6.生ちんぽを私のおまんこでズポズポさせて頂きます

クレア「はぁ、はぁ、はぁ…すみません、ぼっちゃま…幸せすぎて…イってしまいました…
一緒にイキたかったのですが…はぁはぁ…たまらなくなってしまって…」

マリカ「普段は大人しいのにあんな大胆になっちゃうんだ~。
あのお姉ちゃんがこんなになるなんてぇ、愛されてますね~、ご主人様♪」

クレア「ふぅ…ぼっちゃまはまだ射精されてないので、続きをすぐに…ひゃっ!
ち、ちょっとマリカ…何をして…んひぃぃっ!」

マリカ「何って、さっきベッドの下にディルドがあるの見つけちゃってさ~。
お姉ちゃんのお尻がヒクヒクしてたから、挿れたくなっちゃって♪」

クレア「ん…あ、あぁ…い、いいから…早く抜きなさい…ん、お、うぅ…
ひっ、だめ…おっ、んんんぅ…動かしちゃ…んぉ、おっ、おぉぉ…」

マリカ「これって普段、ご主人様のちんぽに見立ててオナってるやつだよねぇ?
だったら本物と比べられるからぁ、ちょうど良かったんじゃない?」

クレア「あなたはただ…んぉ、おぉぉ…私の反応…お゛っ! 面白がってる…だけでしょう」

マリカ「ご主人様ぁ、お姉ちゃん今おまんこが気持ちよくなってるのに
お尻までされちゃったからぁ、余裕なくなっちゃったみた~い」

マリカ「だからぁ…ご主人様が下から突いてあげて貰っていいですか~?
私は偽物ちんぽでケツ穴まんこほじほじするので♪」

クレア「ぼ、ぼっちゃまお待ちを…今突かれたら…んほぉぉっ!」

(セックスパート…20分28秒)

全編KU100によるバイノーラル収録で、総再生時間は100分2秒です。

企画…しましま亭

編集…しましま亭、デルタミル様

イラスト…ぴーす様

声優…乙倉ゅい様