CATEGORY もちぷりん

妹エロ漫画 【監禁S女】時間停止空間で無限絶頂できる身体に改造されて永遠の射精地獄にー双子淫魔 赤羽と青羽ー

◆ストーリー◆

「あら、お姉さま……この子、目を覚ましましたわよ?」
「本当ね、青羽……。ふふっ、可愛いお顔……」

目の前には見知った女性が二人……あられもない衣装で●●の顔を覗きこんでいる。
学校では知らない人がいないほど、美麗な双子の先輩。
深い色の瞳が、●●の顔を覗いていた……。

「おはようございます。
下校途中、急にさらってしまってすみませんでした。
突然でお気の毒ですけど、あなたはこれから、この館で私達に飼われることになりましたの……」

妹の青羽(アオバ)が語りかける。
見回すと豪勢な内装……。
まさか、本当に自分はさらわれてしまったのか……。
恐怖が朦朧とした●●の意識に悪寒を浴びせる。

「安心しなさい。痛い思いはさせないから……。
むしろ、とっても気持ちよくしてあげる。
人間では味わえないほどの、深い性の快楽をね……」

言うのと同時に、姉の赤羽(アカハ)の目が突然光る……。
頭の中に鈍い音が響いたその瞬間、●●の身体は金縛りにあったように硬直した。

「はい、これでもうあなたは動けませんよ……。
手足はもちろん、顔をそむけることも……ね?
……ほら、あなたの目……ちゃーんと私達を見てる……」

「さて、邪魔な服は、破って捨てちゃいましょうか……。
あなたの無垢で綺麗な肌……私達に見せて……?
ほーら……」

二人のか細い指が優しい手つきで衣服をいとも簡単に破り捨てていく。
ようやく●●は事態を受け入れる……この双子は『人間』ではない。

「ああ……本当に楽しみ……。
10人目ではじめて見つけた『当たり』ですものね、お姉さま……」

「そうねえ……。
前の子たちはおいしくなさそうだったから、何もせずに捨てちゃったし……。
でも……これでようやく、●●●の性が得られるんだわ……」

『10人目』という言葉にはっとする。
●●の学校では、既に9人の生徒が行方不明になっていた……。
まさか、このまま自分も……。

「うふっ……そんなに怖がらないでください?
あなたは私たちに選ばれた、貴重な子なんですから……」

「絶対に傷つけたり、死なせたりなんかしない……。
むしろ、私たちの力で永遠にその若さを保ってもらうわ……」

「これからあなたのおちんぽ優しくいじめて、たくさん精液搾り取ってあげますからね……。
……ね? 精液ペットちゃん……」

「あら……私はこの子が自分から『射精させてください』って言うようになるまで、きちんと調教するつもりよ?
……ね? 精液奴●ちゃん……」

赤羽の目が再び光り、下腹部に熱い感覚が溜まっていくのを感じる。
●●の恐怖心に反して、急に陰部が激しく勃起していた。

「「さあ……搾精をはじめましょう?」」

双子のかける魔法で、●●の体は精液奴●にふさわしく改造されていく……。

何度射精しても、無限に精液が作られる体にされて――

すぐに射精し続けないと、急速に精液が増え続ける体にされて――

射精するたび、感度が倍増する体にされて――

乳首も陰茎と同じ感度にされて――

そんな状態で、何度も射精封印されて――

どんなに睾丸が膨らんでも、体が壊れなくなって――

何百回分の射精を、一度に出させられて――

どれだけ絶頂しても体が疲れずに、眠る必要もない体にされて――

精神も狂えなくなって、まともな意識のまま快感を受け続けて――

少し触られただけでも射精してしまう体にされて――

最後に……お屋敷ごと周囲の時間から隔離されて――

寿命も、死も、終わりもない世界で、永遠に搾精され続ける空間……。

●●の無限快楽地獄は、まだ始まったばかりだった……。

______________________________________________________________________________________________

◆本編音声ファイル◆

001_全身拘束と精液増強で精液ペット奴●化(10分29秒)

怪しげな双子姉妹に魔法で金縛りにされ、服を剥がされ、最後に姉の赤羽に精液増強の呪いをかけられてしまいます。
射精の欲求が無限に増え続ける体質に改造されて、精液ペット、奴●になるように唆されます。
そして、動けないアナタに、二人の強●的な愛撫が始まります。
もう絶対に逃げることはできません。
早くイキ狂う快感を受け入れないと、絶頂地獄は永遠に終わりません。
(プレイ内容 : 淫語・耳元囁き)

002_耳舐め手コキで射精封印されて寸止め地獄と連続射精で感度倍増(26分48秒)

左右同時の両耳舐めと、二人同時の手コキで亀頭と竿を同時に責められて、アナタはすぐにイってしまいます。
それでも、すぐに無限に増え続けてしまう精液……。
あっけなく射精する弱々おちんぽを見かねた赤羽は、アナタに射精封印の呪いをかけます。
精液が出せなくなる代わりに、封印を解いた時、それまでイクはずだった快感が一気に襲ってくる呪い……。
しかも、一度解除する度に、アナタの体の感度は倍になっていきます。
何度も封印を施され、解放され……アナタの体はどんどんイキやすい、敏感マゾ体質に改造されていきます。
(プレイ内容 : 淫語・両耳舐め・手コキ・射精管理・寸止め・感度倍増・連続射精)

003_キスと耳舐めされながらフェラチオで連続射精と封印で100回分の口内射精(30分32秒)

どれだけ精液を抜かれても、まだまだザーメン増やしてしまうアナタの体……。
更に妹の青羽にも精液増強の呪いを重ねがけされて、射精の欲求も精液の増える量も倍増してしまいます。
赤羽にフェラチオされながら、青羽にキスされたり、分身に両耳舐めされたりして、無理矢理10回以上も連続射精させられてしまうアナタの体……。
しかし、フェラチオを妹に交代した赤羽は、そんな状態のアナタにまた射精封印の呪いをかけます。
次に体が壊れなくなる魔法をかけられ、赤羽の両耳舐めと、青羽のフェラチオで、イケないまま100回分以上の精液を溜められてしまいます。
封印が解除され、さらに感度が倍増した状態で、100回分のザーメンが青羽の喉奥に一度に吐き出されます。
手に収まらないほど大きく膨らんだ睾丸から、普通ではありえないほどの時間をかけて……。
それでもアナタは壊れません。心が壊れても、体も意識も正常なまま快感を受け続けるのです。
(プレイ内容 : 淫語・キス・両耳舐め・感度倍増・射精管理・連続射精)

004_乳首舐めで連続射精と騎乗位で200回分の垂れ流し膣内射精(26分20秒)

感度が何倍にも上がった状態で、射精の欲求に身もだえながら、アナタは一晩中放置されました。
体が壊れなくなる魔法によって、もうアナタは眠ることも許されないのです。
姉妹は乳首がおちんぽと同じ感度になる魔法をかけ、両方の乳首を舐め始めます。
当然、それだけでアナタの体は射精してしまうのです。
乳首アクメで何度も射精させられた後、ついに赤羽が騎乗位でアナタを犯し始めます。
入れる瞬間どころか、一度上下に動かすごとに射精してしまうアナタの体……。
青羽とその分身に同時に両乳首舐めをされて、もうどこでイっているのかもわからない状態のアナタに、赤羽は射精封印の呪いをかけます。
昨日が100回分だったので、今日は200回分の精液を溜めないといけません。
封印が解かれた時、アナタは感度何十倍の体で、赤羽の子宮にザーメン垂れ流しの状態になってしまいます。
200回分の精子を出し切るまで……長い時間をかけて……。
それでも青羽は乳首舐めを止めません。
乳首アクメしてしまう体質のアナタは、その愛撫が止まらない限り、ずっと赤羽の膣内に精液出し続けることになるのです……。
しかし、それを赤羽が黙って見ているわけがありません。
次は300回分の精液が溜まるまで、射精封印です。
(プレイ内容 : 淫語・両乳首舐め・騎乗位・射精管理・膣内連続射精)

005_時間停止空間で永遠に精液ペット奴●(07分01秒)

アナタの両隣に体を寄せ合って、姉妹が添い寝しています。
赤羽の太ももがおちんぽに触れただけで、アナタは射精してしまいます。
青羽が少し耳を愛撫しただけで、アナタは射精してしまいます。
二人が交互にキスする度に、アナタは射精してしまいます。
このお屋敷は、外の世界と隔離してしまいました。もう時間の流れはありません。
疲労も、睡眠も、老化も、寿命も、死も、終わりもない世界で、永久に搾精され続けてください。
(プレイ内容 : 淫語・耳元囁き・耳舐め・キス)

______________________________________________________________________________________________

◆プレイ音のみ◆

001_両耳舐め手コキ
002_両乳首舐め手コキ
003_両耳舐めフェラチオ
004_両乳首舐めフェラチオ
005_両耳舐め騎乗位
006_両乳首舐め騎乗位

※プレイ音は全ファイル15分20秒になります。
射精タイミングは5分ごとになります。

______________________________________________________________________________________________

◆総再生時間◆

本編ストーリーが、約1時間40分。
プレイ音のみの音声が、約1時間30分。

合計3時間10分ほどの内容になります。

______________________________________________________________________________________________

◆CV・イラスト:水瀬くれは

◆シナリオ:まさつ