CATEGORY アオキアカ

妹エロ漫画 秀才の眼鏡妹が泣いてS〇X懇願してくる

俺には腹違いの妹がいる。
成績優秀でとてもまじめな子だ。

容姿もけして悪くないし、中々のスタイルを誇っている。
そんな彼女を狙っている男子も結構おり、何人も交際を申し込まれたりしていたのだが、
彼女はそれらをきっぱりと断っている。

そんな今まで誰のものにもなったことのない妹が、
こともあろうか兄である俺に対して「エッチしたい」と言ってきたのだ。

「お兄ちゃんは私とエッチしたくないの?私はシタイよ」
妹は服をはだけさせて俺に迫ってくる。
大きくてハリのあるおっぱいを見せられて俺は生唾を飲み込んだ。
さわりたい衝動に駆られる。

妹がパンツを脱ぐと、アソコから糸が引いていた。
「こんな風になっちゃうんだよ?お兄ちゃんといると…。何とか沈めようとしたけれど、スレばスルほど酷くなっちゃうんだよ…。」
「もうおかしくなりそうなの。助けて。お兄ちゃん」

※各所に「淫語」が多数使用されております。

Twitter:@ao_ki_aka_