CATEGORY データベースマン

妹エロ漫画 寝取り寝取られ姉妹 結菜・凛編

「好きな男の子供を先に
身ごもった女が、
その男と結婚出来る

この村の
無情なる
お・き・て

壮真君は、
あなたじゃなくて
私を選らんだのよ」

双子の姉の凛に、恋人である壮真を寝取られた結菜。
彼への真実の愛に目覚めた結菜は決意する。

「壮真! 私の人生を、君にあげる!」

寝取り、3P、レズ、様々な愛のカタチが入り乱れる!

妹エロ漫画 日焼け女子校生室見立夏(妹)の日常1

ねぇ! 今から海行こうよ!

室見立夏(妹)。

僕の幼馴染。

といっても僕は都会に出てたから。
田舎にいる彼女とは夏休みの間だけ。

つまり、年に一回だけ。

「よっ!」

元気に挨拶する立夏。

ワンピの肩ひもがずれてて、日焼けのあとがなんか……
ドキドキする。

「おっ、おお……」

久々の再会で緊張する。

「なーに照れてんだよぉ! このしょんべんたれが!」

俺の頭をつつく立夏。

「うっせーな! お前だって、おもらししてただろ!」
「あははは!」
「うふふふ!」

いつものやり取りでやっと打ち解ける僕ら。

そして、

「ね、海行こうよ!」
「おっ、おお……」

走り出す立夏。

まったく、僕はいつも振り回される。

それにしても立夏、ってば成長したな。

特に胸とお尻が……

やば、水着姿を想像するとドキドキして来た。

※注意
本作品はAIを使用しています。
使用しているAIサービスはNovelAIです。

妹エロ漫画 美少女 女子校生 美波の日常1

美少女・女子校生・芽依–その双子の妹、美波。

美少女・女子校生・芽依

その双子の妹、美波。

帰宅部でゲーム、アニメ、漫画、ラノベを担当。(自認)

今日も速攻で家に帰って、自分の部屋で漫画を描いてると……

「よっ、美波」

幼馴染の蒼。

窓から入って来るなっつーの。

悪態をつきつつも、ちょっと嬉しい美波。

「ちょっとこれ、つけてみてよ」

そうして彼が取り出したのは猫耳とニーハイと茶髪のかつら……そして、エッチな下着。

「頼むよ」

蒼の押しには弱い美波。

「わ、分かったわよ。でも、あんたが好きだから遣ってるわけじゃないんだからね! 漫画のネタになるから遣るんだからね!」

恥ずかしながらも、好きな幼馴染のために着替える美波。

蒼の熱い視線に、美波は無表情を装いながらも、ドキドキが止まらない。

※注意
本作品はAIを使用しています。
使用しているAIサービスはNovelAIです。

妹エロ漫画 美少女 女子校生 美波の日常2

……ちょっと、何この変な色のジュース? あ、美味しい。あれ? 体が変?
美少女・女子校生・芽依

その双子の妹、美波。

帰宅部でゲーム、アニメ、漫画、ラノベを担当。(自認)

今日も速攻で家に帰って、自分の部屋で漫画を描いてると……

「よっ、美波」

幼馴染の蒼。

窓から入って来るなっつーの。

悪態をつきつつも、ちょっと嬉しい美波。

急遽開催された幼馴染の蒼との放課後グラビア撮影会。

スマホのカメラで美波の姿を一杯残す。

「じゃ、これ飲んでみて」

蒼が美波に渡したのは、オレンジ色の飲み物。

「何これ?」
「いいから」

このノリを壊したくない美波は、嫌がりながらも飲む。

「あれ? なんか?」

おっぱいが大きく……
そして、髪の毛の色が変わる。

はぁ、はぁ……

息が荒くなる。
何か、自慰をした時の様な興奮が……

「どう?」
「な、なんでもないから!」

必死に無表情で、恥ずかしい変化を悟られたくない美波だった。

※注意
本作品はAIを使用しています。
使用しているAIサービスはNovelAIです。

妹エロ漫画 私にペ●スが生えた結果、姉と結合しました

アヤカとミカは双子の仲のいい姉妹。
姉のアヤカは明るくて性に奔放な能天気娘。
反対に妹のミカは大人しくて人見知り。(だけど、むっつりスケベ娘)
ミカはアヤカのことを密かに想っていた。

……そんなミカの股間にある日突然、ペ●スが生えた!

驚きつつも、喜ぶミカ。
複雑な感情がない交ぜになりながらも、アヤカのことを想いながらペ●スをしごく。
射精の快感と共に、ミカへの想いと切なさは募るばかりだった。
だけど……なんで、ペ●スが突然生えたんだろう!?

そんなある日、ミカのオナニーがアヤカに見つかってしまう。

ふたなり、射精、百合マニア必見!

妹エロ漫画 寝取り寝取られ姉妹 結菜編

村に住む結菜と壮真。

二人は放課後、もう使用されていない納屋で、いつもエッチしてる。

そんな二人の営みを、結菜の姉、凛はこっそり見ていた。

凛は自慰しながら、二人のことを妬ましく思っていた……

妹エロ漫画 寝取り寝取られ姉妹 凛編

村に住む結菜と壮真。

二人は放課後、もう使用されていない納屋で、いつもエッチしてる。

そんな二人の営みを、結菜の姉、凛はこっそり見ていた。

凛は自慰しながら、二人のことを妬ましく思っていた……

そんなある日、いつものように壮真が納屋に行くと、凛がいた。

結菜がいないことにとまどう壮真に、凛がこう言った。

「今日は結菜は来ないよ。だから二人でえっちしよう」

壮真は結菜のことが脳裏にちらつくが、なし崩し的に凛を受け入れる。

部活中の結菜はそんなこと知る由もなく……