CATEGORY 北松屋

妹エロ漫画 僕だけが知らない総集編II

僕だけが知らない総集編II
(ぼくだけがしらないそうしゅうへんに)

3作品収納 総ページ数180P

1僕だけが知らない高齢過疎地域の性処理事情
(ぼくだけがしらないこうれいかそちいきのせいしょりじじょう)

北松屋
フルカラー60P

あの夏、僕が所属する野球部は地区予選で早々に敗退し
僕の短い夏が終わってしまった。

特にすることもなく、また何にもやる気が出ない僕は、
気晴らしに久しぶりに母方の祖父の家に遊びに行くこと
にした。

祖父は相変わらず元気であったが、祖父の家に居候して
いる何かいわくありげな女(典子)出会う。

そして気がついたら僕は普通に彼女と合体していたので
あった。

一体、彼女は何者なのであろうか?
そしてあの地域に伝わる古い慣習(おまわし)さんとは?

2僕だけが知らない妹のオッパイ事情
(ぼくだけがしらないいもうとのおっぱいじじょう)

●総ページ数60Pフルカラー

●ジャンル 寝取られ(NTR)
●制作 北松屋

(A)7年前、両親の離婚に伴い、俺は母親と、妹は父親
と暮らすことになり俺達、兄妹は離ればなれになった。

それ以降、妹とは一度も会っていない。それ以前に俺は
妹がどこにいるのかすら知らなかった。

ある年、いきなり母親が交通事故で亡くなった。そして
俺は父親と妹と7年ぶりに再会し、また一緒に暮らすこ
とになったのだ。

妹と再会して一番驚いたのは、彼女が見事な(巨乳ちゃん)
になっていたことだ。

内心、ドキドキしている俺を尻目に、妹は昔のように俺に
スキンシップをしてくるのだった。

(B)俺の彼女は童顔の巨乳女だ。その女はHが大好きで
よく俺以外の男ともHしている。

でも俺は心の広い男だ、そんなことでいちいち彼女を責める
ことはしない。

だが最近、心中穏やかではない。なんでも別居していた兄貴
と一緒にすむことになったらしい。

実の兄貴だからと俺もたかをくくっていたが、どうやらそう
でもないようだ。

兄貴の話をする時のアイツの嬉しそうな顔を見た時、俺は悟
った。その兄貴が原因でアイツの心は俺から離れつつあると。
どうにかしなくちゃいけない・・・。

ダブル主人公(A)巨乳ちゃんの兄と(B)巨乳ちゃんの
彼氏の視点で描いております。

それぞれ、彼女が他の男に寝取られたと思っている展開です。

3僕だけが知らない姉のデルタ事情
(ぼくだけがしらないあねのでるたじょう)

●総ページ数60Pフルカラー

●ジャンル 寝取られ(NTR)
●制作 北松屋

僕には2つ上の姉がいる。
弟の僕がいうのも何だが姉は美人である。

かなり前から僕は密かに姉のことが好きだった。
うすうす彼女も僕の想いに気がついているようだった。

僕はある日、我慢出来ずに姉に自分の想いを伝えた。
当然、拒絶されたのだが、何回も伝えた結果、姉は
僕を受け入れてくれた。しかし本番はNG、見るだけ
という回答だった。

ただ段々と僕たちは男女の関係に発展していき、もう
一押しというタイミングで姉は他の男に処女を奪われ
てしまうのだった。