CATEGORY 猪木洋平

妹エロ漫画 妹の友だちがグイグイ来る 〜彼女に立候補って? 急展開過ぎるんだが〜

「……わたし、お兄さんのことが好きだったんです。昔は、本当のお兄さんのような意味での好きでしたが。最近は男の人として気になっています」
「そ、そうだったんだ……」

俺のことを好きだと聞いて、素直にうれしい。
それはそうとして、今まで仁奈ちゃんのことは妹のように思っていたしな。
まあ、先ほどは成長した仁奈ちゃんにドキッとさせられたとはいえ。

「ねえ、お兄さん」
「な、なんだ?」

仁奈ちゃんが一拍置いて、口を開く。

「……わたしじゃ、ダメでしょうか?」
「!」

仁奈ちゃんが上目遣いで、そう言う。
か、かわいい……!
ダメじゃない。
ダメじゃないが――

妹エロ漫画 コタツで寝ている妹に電気アンマをしたら、実は妹の友だちだったんだが 〜ついムラムラしてアナル責めからおっぱい蹂躙、そして処女セックスで中出しを決めてしまった件〜(マンガ版)

※同名タイトルのコミック版です。
ヒロインの外見、その他細部の設定においてノベル版と異なる箇所があります。

「……ん?」
1人暮らしのアパートに帰ってきた俺は、ふと違和感を憶えた。
何だろう?
この違和感は?
コタツの上にあるべきものがないような……。
「って、ああっ!」
俺は思わず叫んでしまった。
コタツの上に置いてあった、とっておきのおやつが無くなっているではないか!?
「おいこらっ! 勝手に人のデザートを食べるんじゃねえよ!!」
俺はそう叫ぶ。
しかし、コタツで熟睡中の犯人(?)は起きる気配がなかった。
妹が用事のために来るとは聞いていたし、合鍵も渡していた。
しかし、勝手におやつを食べるとは……。
「くそっ、なんて奴だ……」
俺は呆れてものも言えない。
……だが、よく考えるとこれはチャンスかもしれない。
久しぶりに妹にイタズラするか。
普段は別々の家に住んでいるため、なかなか顔を合わせる機会もない。
これを機に兄としての威厳を見せてやるのだ。
そうと決まれば、この眠り姫を起こさないように……。
俺は美佳の足元に腰を下ろした。
そしてゆっくりと彼女の足に手を伸ばす。
「くくく。兄の恐ろしさを教えてやろう」
そう呟きながら、俺の手は美佳の足を撫でる。
白く柔らかい肌触り。
スベスベしていて気持ちいい。
「こんなにいい肌触りだったか? 我が妹ながら、美容に気を遣っているようだな」
俺は肌触りを堪能しつつ、左右の足首をそれぞれ掴んだ。
仰向けで寝ている妹を軽く開脚させる。
すると当然のことながら、スカートの中が見えてしまった。
「おおっ……!」
水玉のパンツだ。
俺の記憶だと確か無難な白が好きだったはずなのに。
ずいぶんと子どもっぽいデザインの下着をつけている。
「こっちの方が俺好みだな……。……むっ!?」
そこで俺はあることに気がついてしまう。
俺の息子が元気になっているのだ。
「妹なんかで勃起してしまうとは、兄として不甲斐なし……」
俺はそう呟きながら、彼女の股の間に足を突っ込んだ。
いわゆる電気アンマの体勢だ。
小さい頃はこんなイタズラをよくしていたものだ。
「おらあっ!」
勝手に俺のデザートを食べた罰だ!
俺は力を入れて、妹の股間をぐりぐり踏みつける。
「んんっ!?」
美佳は変な声を出して、ビクッとした。
「ふはははは! 起きたか? 兄の威厳を思い知れ!!」
「んっ! んんんんんんんんんっ!」
しかし彼女は目を覚まさない。
それどころか、寝息が少し荒くなっているような……。
まさかこの悪戯で感じているのか?
ちょっと俺もムラムラしてきたな。
どれ。
このままガンガン責めてやるとしようか。