CATEGORY 縛られたいJ◯

妹エロ漫画 縛られたいJ◯

親公認の仲ながら、卒業まではプラトニックな関係を約束させられた、教師の俺と、教え子であり従妹のJ●ねむ。だがある日、ねむが「今すぐ結婚したい」と暴走! 俺の部屋に飛び込んできたうえ、たまたま持っていたSM雑誌を見つけて、俺にその趣味があると勘違いまでしてしまう。でも試しに彼女に首輪を装着してみると……思いのほか、俺もねむも大興奮! 以来、俺たちは親の目を盗んでのセックス&SMプレーにハマッていく!

ねむの首輪姿に興奮してしまった俺は、流されるまま彼女と初めて身体を交わす!
最初は痛がっていたねむだったが、優しく抽送を続けることで、
次第に快感を覚え始めてくれたようで……。
「く、んっ、痛いの、だんだん鈍くなって……はあ、っ、熱くなって、痺れて……きた……? ふはあっ、はあっ……」
「はぅ、あっ、あはぁ、あんっ……にぃ、はあっ、にぃも、気持ちいいの? こっちは、熱くて溶けそう……で……ふぅっ……」
《ああ、俺もすごく気持ちいいよ、く、はあっ……》
「……っ、は、んっ、あうう……ズボズボ、擦られてるの、すごくよくわかって……は、んっ、んふぁあ、はぁあ……」

制服の下に拘束具を付けた状態にすっかり興奮したねむは、
まだ昼休み中にも関われず俺にセックスをせがんでくる!
そんな彼女の可愛さにほだされた俺も大興奮。
男子トイレに連れ込み激しく、腰を突き上げるのだった。
「こんな、トイレ……でぇ……し、しかも男子用っ、ああっ、誰か来たら……や、やあっ、んっ、ああっ……」
《そうだな、誰か入ってくるとしたら、確実に男だもんな》
「……っ、はあ、んっ……あ、う……や、やぁっ、はあ、はあっ、こんな格好見られたら……ぁ、っ……」
「んぁああっ、あはぁぁあ! はあ、はあ、気持ち、いひぃ! やあっ、もう、声、出しちゃダメなのにっ……」

ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ
・基本CG 13枚+α
・差分込み本編 240枚
©TATEGUMI/アンモライト
ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ

妹エロ漫画 縛られたいJ◯[続]

従兄妹かつ教師と教え子という関係ながら、恋人同士でもある俺とねむ。俺たちは、親から命じられた卒業まではセックス禁止という約束を破り、親の目を盗んでは身体を重ねるどころか、SMプレーに興じる日々を送っていた。最初は軽い拘束プレー程度だったが、回を重ねるごとにその内容はエスカレート! 学校内での露出プレーや、寝ている親のそばでの調教プレーなど、求める刺激やスリルはどんどん過激さを増していくのだった!

すっかりマゾ女へと成長したねむとの、週末恒例の露出プレー!
首輪&アナルバイブを装着して、四つん這いで公園を散歩するだけで、
ねむは身体を震わせイキそうになってしまうのだった。
「……っ、ふう、あぅ、ん……あぁっ! お尻に、入ってぇ、はひっ、動くと、突き刺さるのほぉ、おおん……」
「にぃっ……あ、あっ、にぃ……はあ、はぁ、もう、すごいのぉ、気持ち、ひぃ……はぁ、はあっ、あ、あぁっ……」
「もう、これだけでイきそぉお……あっ、あっ、すっごぉ……おおっ、んふぅ、アソコも、熱いよお……イきそう♪」
「ね、ねえ、もう、ダメ、あんっ、気持ちい、いい……はあ、はあ、歩いてるだけで、すぐイっちゃうよぉ……」

ねむの両親がそばいるリビングで、俺はゲームをするフリをしながらこっそりと彼女に愛撫!
ねむも、まんざらでもない様子で、俺の指使いに身体をとろつかせていく。
「んくあ、あぁ、あぁあっ……!」
《おい、ねむ、叫んでないでちゃんと戦えって、ははは……》
「う、うう、にぃ、ひどいっ……ねむのこと、いじめてぇ……あっ、あはぁっ……」
「はっ、あ、あふぅうう……うううっ!にぃっ、あっ、もう、にぃのせいで、変にっ、はあん! あぁあん……!!」

ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ
・基本CG 12枚+α
・差分込み本編 218枚
©TATEGUMI/アンモライト
ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ